header_logo

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)の概要について

ども。ムサシです。

今回は2018/12/26から平和島競艇場で開催する、クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)の概要についてまとめました。

SGボートレースグランプリは賞金王決定戦ですが、クイーンズクライマックスはその名の通り女王決定戦。

頂点を極める女の戦いです。

musashi2678

「女性選手って有名なの?」
「賞金がいくら?女の子なら誰でも出れるの?」
「女子決定戦だからそんなに白熱しなそう・・・」

など、クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)について詳しくない、全くわからない方も多いはずです。

中には「今更過ぎて人には聞けない・・」と思っているユーザーもいるでしょう。

ということで、ムサシがに向けてクイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)について、競艇初心者でもわかるよう簡単に説明したいと思います。

この記事を読めば誰でも簡単にクイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)を理解できるので、本番に向けて知識を身につけて、クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)を楽しめるようにしましょう。

では、概要の説明に参ります。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)のルールについて

まず初めに、クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)がどのようなイベントなのか。

出場できる条件や賞金などの基本的な部分や、これまでに開催された過去の結果や歴史についてお話したいと思います。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)に出場できるレーサーの条件と優勝賞金について

クイーンズクライマックスはグレードで表すと「PG1」のレースで、年内に開催したレースで11/25日までの総獲得賞金の上位12名だけが出場権利を得られます。

SGではないのでクラス分けの縛りはありませんが、獲得賞金額が上位の選手という時点でA級以上なのはほぼ間違いないでしょう。

ちなみに、ランク別の審査基準はこちらです。

GRANDPRIX0002

A級のレーサーは全体の40%。

その中でもSGに出走できる権利を持つA1級の選手は20%程度です。

勝率をキープして事故率を低く保つことはそこまで難しくないかもしれませんが、一定以上の出走回数が定められているので、調子の良い期間だけ好成績を残していてもA級になれる訳ではありません。

競艇女子とバカにすることもあるかもしれませんが、クイーンズクライマックスに参加するためのハードルは非常に高く、選手はみな女帝を目指すことに夢を持っています。

出場できるだけでも充分名誉なレースです。

しかも、優勝賞金は1200万円と女子限定戦では最も高く、副賞品とし女王にふさわしいティアラが贈呈されます。

最強女王の称号はもちろん、クイーンズクライマックスを勝利すれば、翌年に開催されるSGボートレースクラシックの出走条件「G1を勝利している選手」もクリアできます。

男女混合のレースよりも遥かにハードルが低いのは当たり前。

全力で調整する理由の1つになるでしょう。

今年の女王は誰になるのか、今から非常に気になる1戦です。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)の競走スケジュールとルールについて

クイーンズクライマックスの競走スケジュールは12/28〜12/31の4日間。

各日程の詳細はコチラです。

musashi2677

トライアル初日は獲得賞金の高い順に枠順を組みレースが行われます。

トライアル2日目は前日のレース結果に応じてA組とB組に別れて出走メンバーを決定し、枠番は獲得賞金に関係なく抽選で決まります。

そして優勝戦へはトライアル3戦の得点率上位6名が進出し、獲得した得点率の高い順にインコースから枠順が組まれ、最終12Rで優勝を争います。

獲得賞金額が多ければインコースに入れるという点では有利かもしれません。

しかし、本番で結果を残せなければ優勝戦で有利な状況にはならない、ということです。

運任せの要素があれば、本番に強いメンタルが必要になる。

これまでの結果が良いから優勝できる訳ではないのが、クイーンズクライマックスの醍醐味と言っても過言ではありません。

短期間の決戦ですが、彼女たちの有志を見守りましょう。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)の歴史と開催場について

クイーンズクライマックスの開催は今回で7回目。

2011年1月31日に発表されたレースで、女子ボートレーサーのみで行われる競走は女子王座決定戦に次ぐ2つ目の競走です。

2014年の住之江開催を最後に賞金女王決定戦からクイーンズクライマックスに名称が変更され、G1ではなくPG1に格上げされました。

ちなみに、第1回賞金女王決定戦の優勝者は三浦永理選手。

開催回数が少ないものの2年連続どころか2開催覇者も存在しないため、今回のクイーンズクライマックスでは遠藤エミ選手の連覇がかかっています。

開催される平和島競艇については今回が2回目。

2016年に平和島で開催した時の優勝者は松本晶恵選手で、もちろん今回のクイーンズクライマックスに出場が決まっています。

平和島女王の可能性も充分にありそうですね。

クイーンズクライマックスは年末に開催されるということもあり、例年の売上はそこそこ安定しているようで、SGグランプリの後に開催することも含めて話題にもなります。

今はまだ歴史の浅い競走ですが、女子競艇選手が増えてもっと競争率の高いレースが行われるようになれば、SGに昇格も夢ではないかもしれません。

今後に期待したいところです。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)注目レーサーは?

ここからは、クイーンズクライマックスのメインレーサーについて紹介したいと思います。

先程も申し上げましたが、過去6回行われたクイーンズクライマックスは、全て初優勝の選手ばかりで、1人の選手が2回以上勝利したことはありません。

そこで、2018年のクイーンズクライマックスでムサシが注目するレーサーを何人かまとめてみたので、良かったら舟券の予想の参考にしてみて下さい。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)注目レーサー第3位

クイーンズクライマックス注目選手第3位は寺田千恵選手です。

musashi2679

階級はA1でランキングは第9位。

2018年は通算で26,864,000円の賞金を獲得しています。

過去に2度の女子王座決定戦を勝利していますが、クイーンズクライマックスの勝利経験はなく、ムサシが応援しているという意味も含めて第3位に選ばせていただきました。

コース別の進入にムラはあるものの不得意なのは5号艇のみです。

ランキング的にトライアル初日は不得意な5号艇スタートですが、トライアル初日の結果と抽選次第で優勝の可能性は充分にあるでしょう。

加えて、平和島の勝率は7.13%と開催場との相性は抜群です。

良い結果に期待しましょう。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)注目レーサー第2位

クイーンズクライマックス注目選手第2位は中村桃佳選手です。

musashi2680

A1級の彼女は今年25歳と、クイーンズクライマックス出場メンバーの中で最年少の選手です。

2018年は27,321,000円を獲得し賞金ランキングは第8位。

結婚騒動で競艇界に激震が走りましたが、それでも応援するファンは根強く、競艇女子としても1人の女の子としても注目されています。

2017年はボートレースオールスターで初のSG出場を果たし、同年の芦屋競艇で開催されたレディースチャンピオンシップでG1の初勝利。

2018年はびわこ競艇で開催されたレディースオールスターも勝利している、今後も期待の女子競艇選手です。

そんな彼女の成績を見てみると、インコースの進入率やスタートのタイミングに問題はなく、外側のコースになると少し乱れがあるように見えますが・・・。

それよりも気になったのは4号艇。

3連対率を見てみると、1号艇の次に良い結果を残しているのは意外にも4号艇で、恐らく中村桃佳選手が得意としているコースだと思います。

トライアル初日は幸運にも4号艇なので、ワンチャン狙うのはアリですね。

クイーンズクライマックスを優勝できれば歴代最年少選手にもなれますし、本人はクイーンズクライマックスを勝利してボートレースクラシックに出る気満々なので、是非とも勝っていただきたい。そんな選手です。

クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)注目レーサー第1位

おまたせしました。

ムサシが厳選するクイーンズクライマックス注目選手第1位は・・・。

遠藤エミ選手です。

musashi2681

2017年クイーンズクライマックスの覇者で、今回優勝すると2連覇になります。

階級はA1。2018年の賞金は29,367,213円で第7位。

トライアル初日は4号艇からスタートとなります。

フライングクセがあるのか、2018年2017年と大きなレースの出走権利をなくしていますが、それでも賞金ランキングは第7位と良い成績を残しています。

1号艇の勝率、連対率が圧倒的に高い彼女は、初戦さえどうにか乗り越えてしまえば間違いなく優勝候補の一角になるでしょう。

平和島で行われたクイーンズクライマックスのトークショーでは、終始笑顔を絶やさず落ち着いた雰囲気でしたが、クイーンズクライマックスへの意気込みについては他の選手よりも「狙っている」意識が感じられる内容でした。

連覇を期待しているファンも多いはずです。

本番に期待しないわけがありませんね。

今回はムサシの独断と偏見で選ばせていただきましたが、他の選手も頑張っていただきたいのは同じです。

あくまでも個人差のある評価なので絶対とは言えませんが、参考にして頂ければ幸いです。

【重要】ここで終わってはいけません!

さて、クイーンズクライマックスの概要はわかって頂けたと思いますが、ここで終わってはいけません。

やっぱり稼がないとw

正直、「ボートレースを楽しむ」という意味では、一夜漬けで得た知識で予想をしてみるのはアリだと思います。

が、あなたが「ボートレースで稼ぎたい」というのであれば、一夜漬けで得た知識だけで予想し、勝負するというのは無謀です。

もちろん、ギャンブルなので運良く的中することはあるかもしれませんが、そんなのは50人に1人程度の確率でしかないでしょう。

では、どうすればいいのか。

競艇予想サイト」をおすすめします。

但し、一概に競艇予想サイトと言っても多数存在するので、虱潰しに利用しても効率が悪く利益は見込めません。

そこで、今回は、クイーンズクライマックスを開催する平和島競艇場はもちろん、幅広く利用できる「的中率重視のサイト」と「回収率重視のサイト」を紹介したいと思います。

まずは、的中率を重視した舟帝です。

musashi2682

舟帝は「的中率が高く安定して稼げる」競艇予想サイトです。

一回で高配当を狙いたいという方は少し違うかもしれませんが、コンスタントに稼ぎたい、的中率を求めているというユーザーの方にはおすすめ。

ちなみに、直近の実績にはなりますが、平和島の予想は12戦9勝3敗。

的中率75%はかなりの安定感です。

舟帝の登録は無料ですし、戦績には舟帝が無料で提供する予想も含まれているので、是非参考にしてみてください。

>>舟帝の詳細はコチラ。
>>舟帝の公式サイトはコチラ。

続いて、回収率を重視したスピードです。

musashi4374

スピードは「1発を狙える」競艇予想サイトです。

コンスタントに当てたい、安定した利益を求めているユーザーには不向きですが、一撃必殺を狙うなら間違いなくスピードです。

スピードが提供した直近の平和島競艇の予想は15戦5勝10敗。

的中率は33.3%と安定はしていませんが、的中した時の払戻金額は軽く50万円を超えてきます。

無料予想も提供しているので、様子を見るだけでもオススメです。

>>スピードの詳細はコチラ。
>>スピードの公式サイトはコチラ。

どちらのサイトもメールアドレスだけで簡単に登録できますし、登録は無料です。

安定感も回収率も求めたい方は両方のサイトを使ってみる、なんてのも「アリ」ですが、むやみやたらに競艇予想サイトを使っても稼げるわけではないので、必ずムサシの記事を参考にタイミングを見極めましょう。

ムサシ屋の公式LINE@を開設しました。

ムサシ屋の公式LINE@はじめました。

LINE@では、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE@なら実現できると判断し、この度、ムサシ屋の公式LINE@を開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

IDで検索する方は「@vyh0753e」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください

この記事へのコメント

まだコメントはありません

コメント投稿フォーム

必須