header_logo

多摩川競艇で舟券を買う前に・・・

今回は、競艇が開催される会場の1つ「多摩川競艇場」について紹介します。

多摩川競艇は全24ヵ所の競艇場の中でも予想するのが「とても難しい」競艇場です。

こんな言い方はしたくありませんが、何も知らずに多摩川競艇で勝負しても勝てる見込みは「ほぼ」ありません。

多摩川競艇で勝負をする前に、絶対に目を通すようにしてください。

多摩川競艇の予想に使える特徴について

◆多摩川競艇場で絶対に抑えて欲しいポイントはこの2つ。

1号艇の勝率が低い。
6号艇の勝率が高い。

インコースの1号艇が1着を占める確率が非常に高い競艇ですが、多摩川競艇で開催された過去のレースを参考にしてみると。

最も勝ちやすい1号艇の1着率はたったの45%。

1号艇の勝率が60%を超えている大村競艇場と比べると、その差は一目瞭然です。

逆に、競艇の枠では最も勝ちにくい6号艇の勝率は4%。

これだけではわかりにくいかもしれませんが、6号艇の勝率が最も低い1.3%の徳山競艇場と比較すると多摩川競艇の6号艇の勝率は3倍以上高いということになります。

以下に直近1ヶ月間の多摩川競艇場のレース結果をまとめてみました。

2018年6月に開催されたレースは216本。

 2018/6開催 1着回数 勝率 競艇場別ランキング
・1号艇 99回 45.8% 20位
・2号艇 33回 15.2% 11位
・3号艇 29回 13.4% 8位
・4号艇 32回 14.8% 3位
・5号艇 14回 6.4% 13位
・6号艇 9回 4.1% 4位

1号艇の1着回数は99回で勝率は45.8%。

これは全開催場の中でワースト3に近い低さです。

なぜここまで多摩川競艇の1号艇の勝率は低いのか。

その理由は水面に有るようです。

多摩川競艇は日本一静水面と呼ばれ、スピード戦に強い選手が有利な開場と言われています。

ベテラン選手だけでなく若手の選手も全力で責める傾向が強いので、小回りを重視した乗り方をする選手が少なく、1号艇が圧倒的有利な状況を覆す結果を残しているのでしょう。

有力選手が立て続けに敗退したことから「多摩川決勝には魔物が潜んでいる」「魔の優勝戦1号艇」と呼ばれるほどです。

競艇の1号艇は非常に勝ちやすいと言われているので、競艇ユーザーは自然と1号艇を信じる舟券を買う事が増えますが、多摩川競艇では逆効果になります。

そしてもう1つ、6号艇の勝率が高いことについて。

実は、多摩川競艇の6号艇の1着確率4.1%は全開催場中4位で、更に、3着までの入着率21.2%は全開催場中2位という結果。

6号艇が3着以内に入る確率が最も低い福岡競艇場の確率は17.4%なので、4%近く多摩川競艇が上回っています。

人気なはずの1号艇の勝率が低く、不人気なはずの6号艇の勝率が高いということは・・・

多摩川競艇は荒れやすいということです。

万舟券を狙うという意味では条件が整っている競艇場ですが、その分負ける可能性が非常に高い競艇場とも言えます。

外枠の選手の展開やレースの流れを読むことができれば、多摩川競艇を攻略することはそこまで難しくなさそうですが・・・。

実際にやってみると簡単ではありません。

多摩川競艇場の展開や流れをしっかりと読み切ることができるのは多摩川を主戦場としているボートレーサーとごく一部の人くらいでしょう。

僕もこれまで何度も多摩川競艇で勝負しましたが、トップクラスに勝率が悪いです。

普通の人が無策で勝負してもまずマイナス収支で終わってしまいます。

では、どうやって多摩川競艇場の予想を攻略していけばいいのでしょうか。

安心してください。

きちんとコツをお伝えします。

今の僕は多摩川競艇場の勝率は55%近くあります。

過去に多摩川競艇場で舟券を買ったことがある人ならわかると思いますが、勝率50%を超えると驚異的です。

舟券を購入したことのある方の中には、多摩川の勝率が10%に満たない人もたくさんいるでしょう。

さて、そろそろ答えをお伝えします。

僕の多摩川競艇場の勝率の高さの秘密は競艇予想サイトです。

僕はたくさんある競艇予想サイトで各競艇場毎の勝率をまとめ、徹底的に分析しました。

その中で的中率・回収率で他を圧倒的に突き放したのが賞金王宝船の2つです。

賞金王の結果はコチラ。

・7戦3勝4敗。
・的中率42.8%
・総投資金額84,000円。
・払戻金額361,200円。
・回収率430%

総収支+277,200円

宝船の結果はコチラ。

・6戦2勝4敗。
・的中率33.3%
・総投資金額118,000円。
・払戻金額1,540,000円。
・回収率1305%

総収支+1,422,000円

6月〜7月にかけて、どちらのサイトも多摩川でかなりの結果を残しています。

癖が強い競艇場だからこそ、癖さえ見抜いてしまえば当てやすくなるのでしょう。

僕、個人はまだその癖を見抜けていませんが、この2サイトに関しては完全に多摩川の癖を見抜いているのだと思います。

先程、多摩川競艇場のレースの流れや展開をしっかりと読み切ることができるのは多摩川を主戦場としているボートレーサーとごく一部の人だと言いましたが、そのごく一部の人が彼らです。

このレベルの勝率は、多摩川とは相性が良いとかそういうレベルでは絶対に出すことはできません。

賞金王は的中率重視、宝船は払戻金額重視と同じ競艇予想サイトでもスタンスの違いはありますが、どちらも多摩川を得意にしているということは間違いありませんので、抑えておいて損は無いでしょう。

僕も最近では、遊び半分で多摩川競艇の舟券を買うことはありますが、稼ごうと思って多摩川で勝負する時は競艇予想サイトに丸投げしています。

当然、ウェイキーカップも競艇予想サイトを利用して勝負します。

賞金王と宝船もガッツリ準備しているでしょう。

得意な開催場でG1が開催されるのです。競艇予想サイトが注力しないはずがありません。

これまで色々と試してきましたが、現時点ではこれが多摩川競艇を最も攻略しやすい方法です。

是非、お試しください。

ムサシ屋の公式LINE@を開設しました。

ムサシ屋の公式LINE@はじめました。

LINE@では、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE@なら実現できると判断し、この度、ムサシ屋の公式LINE@を開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

IDで検索する方は「@vyh0753e」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください