header_logo

【衝撃】競艇で八百長が発覚!西川昌希選手を逮捕

ども。ムサシです。

今回は衝撃の事実。

競艇界で「八百長」が発覚した事についてのお話です。

八百長とは、何かしらの手口を使い主犯格の人物やらが「確実に収入を得る」こと。

完全な犯罪行為となります。

一般的に競艇などの公営ギャンブルでは、八百長が行われないようルールが定められていますが・・・

その八百長がどの様にして行われていたのか。

どうして八百長が発覚したのか、などなど。

様々な疑問点に触れて解説していこうと思います。

競艇に八百長はあった!巧みな手段と確信を得たレースを紹介

2020/1/8、西川昌希選手が八百長に加担し、その見返りに現金300万円を受け取ったとして、親戚で会社員の増川遵容疑者を同法違反容疑で逮捕しました。

競艇で八百長をし、見返りに現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、元競艇選手の西川昌希容疑者(29)(東京都練馬区)をモーターボート競走法違反(収賄など)容疑で、現金を渡したとして、親戚で会社員の増川遵容疑者(53)(津市)を同法違反(贈賄など)容疑で逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 発表によると、両容疑者は共謀し、昨年7月2日に琵琶湖モーターボート競走場(大津市)で行われた二つのレースで着順を4着と2着に故意に遅らせ、その見返りに西川容疑者が増川容疑者から現金計300万円を受け取った疑い。両レースの配当金額はそれぞれ約50倍、約57倍で、増川容疑者は1〜3着を当てる「3連勝単式」の舟券を買い、的中させていた。

 選手はレース前日から通信機器を預けなければならないが、西川容疑者はスマートフォンを隠し持ち、レース直前に増川容疑者と連絡を取り合っていた。

 西川容疑者は2009年にデビューし、最上位クラス「A1」になったが、昨年9月30日付で「一身上の都合」を理由に引退した。

※BIGLOBEニュースから引用

本来、競艇のレースに参加している選手は、八百長などの行為を未然に防ぐためその期間中に携帯電話やスマートフォンを主催者側に預けることを原則としていますが、西川昌希容疑者はスマートフォンを隠し持ちレースに参加。

予め自身に人気が集まるレースで故意的に着順を操作することを親戚の増川容疑者へ伝え、その舟券を3連単で購入。

西川昌希容疑者はその舟券の的中と引き換えに、現金300万円を手にしたとされています。

色々とツッコミどころの多い話ですが・・・

最も重要なのは競艇に「八百長があった」ですね。

レースの開催期間中にスマートフォンを隠し持っていたという事実は紛れもなく西川昌希容疑者が確信犯であることを裏付けますし、開催側のセキュリティーが”大雑把”だからできた行為なのでは?と思ってしまいます。

とは言え、下準備はできたとしても、実際のレースで故意的に着順を操作することはできるのか?

その一部始終を動画にまとめたので是非御覧ください。

流石にヤリ過ぎ…八百長と断定されたレースが酷い

まずは、西川昌希容疑者の八百長が明らかになったレースから紹介したいと思います。

対象のレースは2019/7/2に開催された琵琶湖競艇の7R。

出走表はこんな感じです。

musashi99500

西川昌希容疑者は2コース。

A1級の選手がインコースに入る予想の難しいレースですが、コレまでの成績は安定していますし、余程のことが無い限り舟券には絡む事が想定される番組に見えます。

しかし、琵琶湖7Rの結果は・・・

musashi99501

4着。

スタートも全体的に遅くそこまで出遅れている感はありませんが・・・

何故、この様な結果になってしまったのか。

実際にレースの一部始終を御覧ください。

第1ターンマークで4号艇が転覆。

転覆後は”その時の着順のままコースを周回する”というルールが定められているので、第1ターンマーク旋回後の着順は①-⑤-②で確定するハズですが・・・

第2ターンマークを不自然に振り切って旋回した2号艇の西川昌希容疑者は、ホームストレッチでまさかの減速。

どちらが抜けているか怪しい駆け引きがあるならまだしも、誰の目で見ても2号艇が突き抜けているので3号艇が先着することはあり得ないハズですが、結果は3号艇が優勢となりました。

コレはヤバすぎます!

そして、八百長はコレだけではありません。

同日に行われた琵琶湖10Rは1コースから進入。

第1ターンマークへTOPで進入するも、不可解な膨らみ方をして2号艇にインを付かれます。

びわこ競艇のGIFです

八百長で問題になっていなければ”見逃してしまいそうなレース運び”ですが、これこそ「元A1級に属していた選手だからこそなし得る技」ではないでしょうか。

琵琶湖7Rもこれくらい自然に走られてたら、この八百長は明るみにならなかったかもしれない。

これが、一番怖い事実です。

八百長疑惑が浮上していた違和感満載のレース

あからさまなやり方で八百長が確定した西川昌希容疑者ですが、実は、過去のレースを振り返ってみると”見るからに怪しい”レースが幾つかあったので紹介したいと思います。

まずは、2017/1/19の大村3レース。

大村3レースのGIF

大村競艇場と言えば1コースが圧倒的に強い競艇場として有名ですが、このレースの結果は6着。

4コースがいい感じにスリットを切って第1ターンマークへ進入しているので1コースが不利な感じもしますが・・・

いくらなんでも膨らみ過ぎじゃない?w

単純に大村が不得意な可能性も否めませんが、大村競艇場で西川昌希容疑者が”やらかした”のはこのレースだけではありません。

それが、2018/10/31の大村4レース。

大村4レースのGIF

先程のレースと比べてスタートは整っていますし、少しスタートが遅れたくらいでインコース有利は揺るぎません。

進入体形に関しても、レースを見る限り2コースが邪魔する気配は全くないため、インからスンナリ逃げることができるハズですが、何故か1コースの西川昌希容疑者は第1ターンマークを思いっきり膨らんで旋回。

インからガッツリ抜かれて舟券からハズレています。

大村競艇場はインコースが強い、という定義は競艇に携わっている方々なら”常識”レベルの知識なので、西川昌希容疑者に人気が集中するのは当たり前ですが、何故か、1コースが飛んだのにこのレースの配当は・・・

たったの20.7倍。

いやいや、なんか可笑しいなと思い、確定オッズを見てみると。

musashi99504

レース開始前から1号艇を頭にした買い目よりも、②-③の買い目に人気が集中している事がわかりました。

これ、偶然・・・ではないですよね?

出走表から相手関係を見直してもそこまで見劣りはしませんし、レース展開を見れば意図的に外に膨らんでいると言われても仕方がない走り方。

この時から八百長に加担していて、実はそれに気がついていた方々が勝負していた、又は、オッズが著しく低下するくらい共犯者が舟券を購入していた。

と、考えるのが普通でしょう。

「八百長は明るみになったからでしょ?」

「それっぽいのは全部あと付けじゃないの?」

なんて声も聞こえて来そうですが、ムサシ屋が取り上げたレースは八百長を確信できるレベルの内容だと思います。

競艇に八百長はある!

コレを決定づける要素となりました。

【追記】競艇八百長を初めたのは2016年頃から(2020/01/12)

競艇の八百長が発覚し、世間では悪い意味で大賑わいですが。

その八百長がいつから行われていのか?

一部のメディアによると西川昌希容疑者と増川遵容疑者が結託し、不正による八百長で荒稼ぎし始めたのは2016年頃から昨年まで。

増川遵容疑者の銀行口座には億単位の入出金が頻繁に行われていたことが確認できているため、恐らく2016年頃から実行していたのでは?という話。

約4年間ものあいだ明るみにならなかった、という事実が本当に怖いです。

やり口の詳細や八百長で稼いだ金額についてはまだ公開されていないので、新しい情報が入り次第、また更新したいと思います。

競艇の八百長事件で元レーサーを再逮捕(2020/01/28)

競艇の八百長事件から数週間が経過し、世間では八百長を疑いながらも落ち着きを取り戻すハズ・・・でしたが。

2020/01/28、競艇八百長事件の容疑で元レーサーである西川昌希容疑者と、共犯者で親族の会社員、増川遵容疑者を再逮捕。

これまでに合計で3400万円を受け取っていた疑いがかけられています。

再逮捕容疑は2019年1月22日から9月21日にかけ、全国10カ所のモーターボート競走場で開かれた計18レースで、西川容疑者を1~3着に含まない3連単の舟券を増川容疑者が購入した際は4着以下に、2着か3着に入る舟券を購入した際は2着か3着になるようゴールし、レース後に増川容疑者が西川容疑者に計3425万円を渡したとしている。

※毎日新聞から引用

八百長事件が発覚した2020/01/08のニュースでは、実行犯の西川昌希容疑者が現金300万円を受け取ったとされていましたが、その後の調書で合計3425万円を受け取ったとして再逮捕されました。

想像以上に額が大きくて、ムサシもかなりびっくりしています。

ちなみに、西川昌希容疑者が加担し八百長が行われたのは全部で18レース。

八百長の対象レース画像

※毎日新聞から引用

八百長の事件が発覚した琵琶湖競艇の他に、戸田、芦屋、丸亀、津、三国、江戸川、下関、蒲郡、若松など。

全10開場で故意的に順位を調整し八百長を実行していました。

回数もそうですが、ムサシが何よりも驚いたのは、こんなにも簡単に携帯電話やスマートフォンを持ち込めること。

西川昌希容疑者はレースが始まる前に、共犯者である増川遵容疑者に

各競艇場によりセキュリティーは異なるものの、少なくとも上記10開場は”携帯電話やスマートフォンを安易に持ち込むことができてしまう”というのが事実です。

この事に大して日本モーターボート競走会は「引き続き全面的に捜査に協力する。再発防止に全力で取り組んでまいりたい」と発言していますが・・・

すぐに対応できるかどうかもわからない。

今後も八百長が行われる可能性はゼロではないでしょう。

競艇八百長の実態、ついにその手段と詳細が明らかに!(2020/01/29)

再逮捕から一夜明けた本日(2020/01/29)。

ついに、競艇八百長の手段とその詳細が明らかになりました。

その方法の1つが「隠語」を使った西川昌希容疑者と増川遵容疑者のやり取り。

「今日は飛ぶ」などという言葉を使い、人気が集中しているにも関わらず舟券に絡まないことを増川遵容疑者に伝えていたそうです。

西川容疑者はレース直前、持ち込みが禁止されているスマートフォンで、「今日は飛ぶ」などの隠語を使って増川容疑者に着順を伝えていたことが関係者の話で分かった。増川容疑者は、これらの情報をもとに3連勝単式舟券を的中させたが、2019年以降のスマホの記録を消去しておらず、不正発覚のきっかけになったという。

※ライブドアニュースから引用

飛ぶとは、競艇で「4着以下」になること。

先程お伝えした西川昌希容疑者のコレまでの結果を見てみると、競艇で最も有利とされている1号艇や2号艇で負けている事がわかります。

これが「飛ぶ」ということ。

A1級に属していた西川昌希容疑者は腕前も確かなので、インコースに入れば間違いなく人気は集中しますし、アウトコースに入っても”それなり”に信頼されていた選手です。

競艇八百長について情報を収集していた一部の記者によると、「技術はあるが、くせ者で、勝っても負けても『高配当を呼ぶ男』と言われていた」らしく、レース結果も決して不可解ではなかった。

その西川昌希容疑者が舟券に絡まなければ配当が上がるのは必然。

「◯着になる」など、明確な内容ではなく「飛ぶ」という言葉を使っていたのは競艇関係者ならではですね。

競艇八百長の利益は3億円超え?!(2020/02/18)

元競艇選手の西川昌希容疑者が身内である増川遵容疑者と結託。

不正な順位操作で賄賂を受け取っていたとして問題になりましたが、この度、八百長事件で得た利益がついに明るみになりました。

総額はなんと3億円以上。

八百長で不正所得していた期間は2016年2月から2019年9月の約3年半で、西川昌希容疑者と増川遵容疑者は利益をほぼ折半していたと話しており、配当金は6億円を超えていたようです。

さらに、同様の手口で2019年9月までに1億円近い利益を得ていた事実も発覚したので、八百長で稼いだ総額は二人で7億円以上ということになります。

とんでもない話ですね。

いつ、何処で、何が行われているかわからない。

今日も何処かの競艇場で八百長が行われていてもおかしくない・・・

なんて疑い始めたらキリがありませんが、今後も明るみにならないだけで同様の事件は見え隠れする気がしますね。

【超重要】競艇八百長、裏情報や関係者情報は存在した!

最後に、西川昌希容疑者以外の選手は八百長に加担していないのか?

八百長の可能性があるレースを見抜くことができるのか?

ぶっちゃけ、素人が少し頑張ったくらいじゃ加担しているかどうかはわかりませんし、八百長を見抜くことは不可能だと思います。

でも、競艇関係者と深い関係にある方々ならどうでしょうか?

例えば「競艇予想サイト」とか。

レースの開催中にスマートフォンなどで情報のやり取りができないのは選手だけで、現地で取材しているマスコミや関係者は何の問題もなく外部との情報の共有が可能。

それっぽい情報があれば、探りを入れることくらい簡単にできてしまいます。

ということで、ムサシが数ある競艇予想サイトの中から、裏情報や関係者情報に強いサイトを改めて調べてみたところ・・・

非常に気になる競艇予想サイトが1サイトだけ見つかりました。

それが舟王です。

hunaou01010

ムサシ屋が利用した舟王の無料予想の的中率は71.1%。

なんと無料予想だけで155万円を超える払い戻しを獲得しています。

舟王が八百長について触れている訳ではありませんし、これはムサシの憶測、推測の話でしかありません。

しかし、そのレベルの情報力や関係者との繋がりがなければ、この結果を残すことは難しいのではないでしょうか?

確実に見抜けている、八百長を把握しているとは言えませんが、難しいレースをしっかり狙うことができる競艇予想サイトであることに間違いはありません。

非常に重宝できるサイトなので、利用したことが無い方は是非参考にしてみてください。

>舟王の実力を確かめてみる<

ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設しました。

ムサシ屋のLINE公式アカウントはじめました。

LINE公式アカウントでは、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE公式アカウントなら実現できると判断し、この度、ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

IDで検索する方は「@356neceu」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください