header_logo

津競艇で舟券を買う前に・・・

今回は、競艇が開催される会場の1つ。

津競艇場について紹介します。

まず初めに、津競艇は全国で初めて認可を受けた競艇場です。

一発が狙える、逆転するなら津などと言われていますが・・・。

一方で、的中する舟券を購入することが非常に困難。

津は予想が「めちゃくちゃ難しい」競艇場です。

波乱の展開や予想外の結末になることが多く稼げる可能性に溢れていますが、12R購入して1度も当たらないことも珍しくありません。

ちなみに「競艇予想の仕方がわからない」などなど。

そもそもの舟券の買い方や狙い方について詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみてください。

津競艇の「特徴」や「クセ」を見抜かずに舟券を購入して的中するほど甘くはなく、軽い気持ちで万舟券を狙っても泣いて喚くのがオチです。

津競艇で安定して稼ぐためにも絶対に目を通すようにしてください。

津競艇の予想に使える特徴について

◆津競艇場で絶対に抑えて欲しいポイントはこの2つ。

  • 1号艇の勝率が安定しない
  • めちゃめちゃ荒れる

では、1つ目のポイントから説明していきます。

津競艇は・・。

1号艇の勝率が想像以上に安定しない競艇場です。

まずは、以下に、直近1ヶ月間の津競艇場のレース結果をまとめてみました。

津で開催されたレースは228本。

枠番号 1着回数 勝率 競艇場別ランキング
・1号艇 128回 56.1% 6位
・2号艇 37回 16.2% 10位
・3号艇 24回 10.5% 22位
・4号艇 22回 9.8% 15位
・5号艇 12回 5.2% 11位
・6号艇 5回 2.1% 20位

1号艇の1着回数は128回で勝率は56.1%と高め。

1ヶ月間の結果を参考にした際の数値は1号艇の勝率が全競艇場の中でも高い蒲郡競艇場の56.4%と誤差程度。1号艇の勝率は安定しているように見えます。

競艇はインコースの勝率が高く1号艇が最も有利な競技です。

2号艇の勝率16.2%も全競艇場の中で8位と上位をキープしており、2号艇の勝率が高く安定していることで有名な琵琶湖競艇場の16.6%と大差ないことも含めて、8月の結果だけを見れば津競艇は競艇のセオリーに近く、インコース重視にした舟券を購入していれば問題ないように見えます。

しかし、それが津競艇では落とし穴。

コチラを御覧ください。

musashi1915

画像は過去3ヶ月間に津競艇で行われたレース結果になります。

1号艇の勝率は55.5%。夏の結果と比べると勝率は若干下がり、2号艇の勝率も15.2%とこちらも同様に少し長い目でみると下る傾向があります。

僅かな数字なのでそれほど結果には影響しないように見えますが、連対する確率は73.6%。

3回に1回は連対すら外す計算になります。

2号艇に関しては7回に1回しか勝利していない結果に加えて、連対する確率はたったの41.1%。

2.5回に1回しか舟券に絡まない計算です。

パッと見では伝わりませんが確率で見るとインコースが圧倒的有利な立場の結果としては弱く、どちらかと言えば不安になる数字だと思います。

では、何故、津競艇場の1号艇の勝率は安定せず、圧倒的に有利なインコースの勝率が低くなってしまうのでしょうか。

その理由は天気にあります。

津競艇の水質は淡水ですが、伊勢湾から近い場所に建設されているため半海水で南風の通り道です。夏場は季節風にさらされ冬場は鈴鹿山脈から吹き降ろす立地なので、強風が吹くと水面のコンディションは急激に悪化します。

強風が吹くことでスタートのタイミングが取りづらく、インコースは不利になり、更に、風の強さだけでなく風向きも変わればアウトコースに大きなチャンスが訪れる。

この影響は、全て天候1つで大きく左右される訳です。

天候が荒れやすいことが直接影響しているかどうかはわかりませんが、それ故に1号艇の勝率は1年通して安定せず、インコースの入賞率が低くなることに繋がっているのでしょう。

それを踏まえて、ここで2つ目のポイント。

津競艇場は万舟券が狙える競艇場です。

過去1ヶ月、3ヶ月の結果を参考にするとアウトコースに有利な数字は見受けられず、どのタイミングで波乱のレースになりやすいか迄はわかりませんが。

1日の開催で最低1回は万舟券が飛び出すことで有名です。

ちなみに、統計を取った8月のレース結果の配当を見てみたところ約16.2%の確率で万舟券。

6回に1回は万舟券になる計算なので、1開催で平均して2回の高配当に期待が持てます。

最高の配当金額は270,830円。かなりの大波乱も確認しています。

先程も申し上げましたが、競艇は1号艇の勝率が高くが非常に有利な競技なので、3連単と言えど万舟券が飛び出すことは珍しい競技のはずですが・・・。

津競艇は1号艇が勝利しても高配当になる。いつ、どのレースでも一攫千金が狙える競艇場ということです。

しかし、ベースはあくまでも1号艇で、他のコースに関しては風向きなどの影響で明確にならず、的中させるにはそれなりの情報と知識が必須。

そのことから津競艇は「めちゃくちゃ予想が難しい」と言われているのでしょう。

僕もこれまで何度も津競艇で勝負しましたが、驚くほどに勝率が悪いです。

1号艇が絡む波乱のレースを見抜いたり、インコースを重視した堅いレース展開を読むことができるのは、津競艇を主戦場としているボートレーサーとごく一部の人くらいでしょう。

それでも、レースの特徴を見極めて津競艇を攻略できたら・・と思ってしまうのが競艇好きの定めです。

では、どうやって津競艇場の予想を攻略していけばいいのでしょうか。

安心してください。

きちんとコツをお伝えします。

今の僕は津競艇場の勝率が62%近くまで上がりました。

過去に津競艇場で舟券を買ったことがある人ならわかると思いますが、勝率62%はかなりの数字です。

実際、津の勝率が10%以下の人もたくさんいるでしょう。

さて、そろそろ答えをお伝えします。

僕の津競艇場の勝率の高さの秘密は競艇予想サイトです。

僕は数ある競艇予想サイトで各競艇場毎の勝率をまとめ、徹底的に分析しました。

その中で的中率・回収率で他を圧倒的に突き放したのが、ブルーオーシャン競艇予想ナビの2つです。

ブルーオーシャンの結果はコチラ。

  • 15戦9勝4敗。
  • 的中率60%
  • 総投資金額58,000円。
  • 払戻金額237,900円。
  • 回収率410%

総収支+179,900円

競艇予想ナビの結果はコチラ。

  • 11戦4勝7敗。
  • 的中率36.3%
  • 総投資金額89,500円。
  • 払戻金額585,400円。
  • 回収率654%

総収支+495,900円

ブルーオーシャンも競艇予想ナビも津でかなり良い結果を残しています。

癖や特徴のある競艇場だからこそ、天候やレースの決まり手さえ見抜いてしまえば当てやすくなるのでしょう。

僕、個人はまだその癖や特徴を見抜けていませんが、この2サイトに関しては完全に津競艇の癖を見抜いているのだと思います。

先程、津競艇場のレースの流れを読むことができるのは津を主戦場としているボートレーサーとごく一部の人だと言いましたが、そのごく一部の人が彼らです。

このレベルの勝率や回収率は、津では運が良いとかそういうレベルでは絶対に出すことはできません。

ブルーオーシャンは的中率重視、競艇予想ナビは払戻金額重視と同じ競艇予想サイトでもスタンスの違いはありますが、どちらも津を得意にしているということは間違いありませんので、抑えておいて損は無いでしょう。

僕も最近では、遊び半分で津競艇の舟券を買うことはありますが、稼ごうと思って津で勝負する時は競艇予想サイトに頼りっぱなしです。

これまで色々と試してきましたが、現時点ではこれが津競艇を最も攻略しやすい方法です。

メールアドレス1つで簡単に無料登録できるので是非、お試しください。

>ブルーオーシャンの公式ページはこちら<

>競艇予想ナビの公式ページはこちら<

ムサシ屋の公式LINE@を開設しました。

ムサシ屋の公式LINE@はじめました。

LINE@では、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE@なら実現できると判断し、この度、ムサシ屋の公式LINE@を開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

IDで検索する方は「@vyh0753e」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください