header_logo

京極賞【2023】の予想の仕方・押さえておくべきポイントについて

どうも。ムサシです。

丸亀競艇の開設を記念して毎年開催される京極賞【2023】の開催が近づいてきました!

京極賞2023のトップ画像

今回で71回目を迎える京極賞。

全国各地から一流の競艇選手が集結してしのぎを削るため、競艇ファン注目の一戦です。

ただ、実力者同士のレースは誰が勝ってもおかしくないため、予想を当てるのは困難を極めます。

理想の結果を残すためには、狙い方や特徴を把握してから勝負するしかないでしょう。

そこで、競艇歴30年のムサシ屋が競艇場の特徴や出場選手を徹底的に分析しました。

京極賞【2023】で理想の結果を残すには必読の内容です。

また、京極賞【2023】で勝つための予想の仕方や注目選手も解説します。

ムサシが分析した情報を参考にして、京極賞【2023】で勝利を手にしましょう。

京極賞とは?

京極賞は、丸亀競艇の開設を記念して行われる周年記念競走の1つ。

丸亀競艇の外観

京極賞の第1回大会は、1953年に開催されて2023年は71回目の開催です。

近年は秋から冬にかけての開催が多く、今回も冬の開催。

年末のグランプリを控えていることもあり、艇界屈指のトップレーサーたちが全身全霊で挑むことは間違いありません。

そのため、今回の京極賞は例年よりも激しいレースが展開され、攻略難易度も高くなるでしょう。

つまり、レースのルール・仕組みや賞金出場条件を把握して勝負しなければ痛い目を見るのは明らかです。

ということで、ここからは京極賞【2023】についてより詳しくご紹介します。

京極賞【2023】のルール・仕組み

京極賞【2023】は、6日間で行われるレース。

最初の4日間は予選で、5日目には準決勝、最終日には決勝戦が行われます。

準優勝戦A 準優勝戦B 準優勝戦C
1枠 得点率1位 得点率2位 得点率3位
2枠 得点率6位 得点率5位 得点率4位
3枠 得点率7位 得点率8位 得点率9位
4枠 得点率12位 得点率11位 得点率10位
5枠 得点率13位 得点率14位 得点率15位
6枠 得点率18位 得点率17位 得点率16位

予選の間は着順に応じて得点が割り当てられ、上位18名が準決勝に進出。

準決勝の枠は予選の得点率に基づいて決定され、上位の選手は有利なインコースから出走することができます。

そして、準優勝戦において2位までの選手が、優勝戦に出場することが可能。

優勝戦も同様、準優勝戦でいい結果を残した選手ほど好枠で出走できます。

優勝戦
1枠 準優勝戦A1位
2枠 準優勝戦B1位
3枠 準優勝戦C1位
4枠 準優勝戦C2位
5枠 準優勝戦B2位
6枠 準優勝戦A2位

予選で活躍した選手は、優勝戦で活躍する可能性が高いので、チェックしておきましょう。

京極賞【2023】の優勝賞金・副賞

京極賞の優勝者画像

京極賞【2023】は周年記念競走でSGに次いでグレードの高いG1に分類されます。

そのため、賞金額も一般戦とは桁違いです。

その総金額は・・・

副賞込みで1,000万円。

この賞金は、賞金ランキング上位を狙う選手にとって無視できないことは言うまでもありません。

さらに、優勝者にはSG出場権が与えられます。

年末のグランプリや賞金王決定戦の出場を目指す選手にとっては、京極賞【2023】での結果が非常に重要となるでしょう。

京極賞【2023】の出場資格

京極賞【2023】には、総勢52名の選手が出場します。

このレースは、施行者と日本モーターボート競走会が、地元地区のトップレーサーを中心に斡旋。

ただし、出場できるのはA1級のボートレーサーのみです。

よって、京極賞【2023】はトップレーサーたちが集結するので、激戦は間違いなし。

レースの概要から予想方法まで、しっかりと把握して勝負することが大切と言えるでしょう。

京極賞【2023】の開催情報

ここまで、京極賞【2023】の概要についてご理解いただけたと思います。

次に、2023年の開催情報について確認しましょう。

  • 開催日程・スケジュール
  • 開催場
  • 入場制限

これら3つをしっかり把握しておけば、当日に迷うことはありません。

それぞれについて、詳しく説明していきます。

京極賞【2023】の開催日程は2023年12月10日〜12月15日

京極賞【2023】は、2023年12月10日㈰〜12月15日㈮の6日間で開催されます。

開催進行予定時間 10日 11日 12日 13日 14日 15日
1Rスタート展示 15:00 15:00 15:00 15:00 15:00 15:00
1R販売締め切り時間 15:15 15:15 15:15 15:15 15:15 15:15
12R販売開始時間 20:45 20:45 20:45 20:45 20:45 20:45

1日目と2日目の12Rに、前開催、直近で結果を残している6人ずつが出場できるドリーム戦が開催。

優勝戦にはない見どころがあるので、ぜひチェックしてみてください。

京極賞【2023】の開催場は丸亀競艇

京極賞【2023】の開催場は丸亀競艇です。

住所 香川県丸亀市富士見町4丁目1‐1
電話番号 0877‐23‐5141
入場料 100円
最寄り駅 JR丸亀駅
駐車場(無料) 約2,200台
駐輪場 不明

丸亀競艇は、JR「丸亀」駅から徒歩だと約27分。

ただ、JR「丸亀」駅から無料の送迎バスが運行しているので、アクセスの心配はありません。

また、約2,200台を収容できる無料の駐車場もあるため、車で来る人も利用しやすいです。

京極賞【2023】で入場制限は実施されない

コロナウイルスの影響で、多くの競艇場で入場規制が実施されています。

特に、重賞レースは多くの競艇ファンが詰めかけるため、入場人数を制限していることが多いです。

ただ、京極賞【2023】で入場制限は実施されないので、その心配は不要。

準優勝戦・優勝戦の時刻に合わせて競艇場に向かったとしても、入場できないなんてことはないでしょう。

京極賞【2023】の出場選手

京極賞2023の出場者画像

京極賞【2023】の出場予定選手は52名。

出場予定選手一覧はこちらから確認することができます。

そして、大注目のドリーム戦に出場予定の選手は以下の12名。

【初日:京極ドリーム】

級別 選手名 支部
A1 原田幸哉 長崎
A1 白井英治 山口
A1 馬場貴也 滋賀
A1 片岡雅裕 香川
A1 磯部誠 愛知
A1 椎名豊 群馬

【2日目:ブルーナイタードリーム】

級別 選手名 支部
A1 松井繁 大阪
A1 池田浩二 愛知
A1 森高一真 香川
A1 吉田拡郎 岡山
A1 土屋智則 群馬
A1 宮地元輝 佐賀

ドリーム戦では、着順ポイントで高得点が狙えます。

さらに、優勝戦進出のカギを握る準優勝戦でも有利な枠の選択可能です。

つまり、ドリーム戦で勝ち抜いた選手はその後も好成績を残しやすいと言えます。

ドリーム戦の出場選手から優勝者が誕生する可能性が非常に高いので注目しておきましょう。

京極賞【2023】の予想の仕方を徹底解説

では、本題の京極賞【2023】の予想の仕方をご紹介します。

勝負する上で押さえておくべき予想ポイントは以下の6点。

  • 2・4コースの差しに注意
  • 海水の特徴を把握する
  • 冬の開催ということに注意
  • 重賞でも人気決着しやすい
  • 歴代優勝者かどうかは関係ない
  • エースモーターに注目

それぞれ詳しく解説していきます。

予想ポイント①2・4コースの差しに注意

丸亀競艇は他の競艇場と比べるとコースごとのクセの少ない競艇場です。

ただ、注意したいのが2・4コースの差し。

過去1年のデータを見てみましょう。

コース 逃げ 差し まくり まくり差し 抜き 恵まれ
1 96.3% 0.0% 0.0% 0.0% 3.5% 0.2%
2 0.0% 75.1% 16.9% 0.0% 6.4% 1.6%
3 0.0% 13.3% 34.4% 41.3% 8.7% 2.3%
4 0.0% 22.8% 39.1% 26.6% 9.2% 2.2%
5 0.0% 4.8% 24.0% 67.3% 3.8% 0.0%
6 0.0% 20.0% 27.5% 40.0% 10.0% 2.5%

2・4コースの差しは全国平均と比べても高くなっています。

そのため、軸を決める際には1号艇だけでなく2・4号艇も選択したほうが良いでしょう。

また、4コースに関しては3連対率も高いので、軸だけでなく相手選びの際も4号艇はチェックしておくのが無難です。

予想ポイント②海水の特徴を把握する

丸亀競艇の水質は海水で、干満差によって各コースの勝率が変化します。

そのため、潮の特徴を抑えて置くことは必須。

以下にまとめました。

潮の特徴 特徴 決まり手
向かい潮(スタート方向と逆) 3~6コース有利 まくりが決まりやすい
追い潮(スタート方向と同じ) 1・2コース有利 差しが決まりやすい

このことから、追い潮時はセオリー重視で内枠の艇を軸にした買い目で、向かい潮時は外枠の艇を軸に穴狙いの買い目で勝負するのがいいでしょう。

ただ、干満差は日によって変わるので、必ず当日の潮見表を確認してください。

また、海水の浮力にも注意が必要です。

海水は淡水と比べて浮力が大きいので艇が浮きやすくなります。

そのため、体重が軽い選手はターンが流れたり、バタついたりしてしまうことも珍しくありません。

一方、体重が重い選手は海水の浮力に負けず、安定した走りが可能。

軸を選ぶときは、スタート展示での艇の安定感や、出走表の体重を確認するようにしましょう。

予想ポイント③冬の開催ということに注意

今回の京極賞は、冬の開催です。

丸亀競艇は、冬に強い追い風が吹きやすいので、風の影響は無視できません。

あまりにも風が強くレース展開が読みにくければ、そのレースは無理に勝負せず見送るのも忘れないようにしましょう。

また、冬場は気温が下がることもにも注意が必要です。

気温が低ければ、モーターの体積効率が改善され、出足が良くなります。

そのため、スタート展示で各艇を評価する際に出足のチェックを入念に行いましょう。

予想ポイント④重賞でも人気決着しやすい

京極賞【2023】において、荒れやすいレースか堅めの決着が期待できるかを見極めることは非常に重要です。

過去の結果から、どのようなレース展開が起こりやすいかを紐解いていきましょう。

配当 オッズ 人気
2022 2,310円 23.1倍 8番人気
2021 1,380円 13.8倍 4番人気
2020 980円 9.8倍 4番人気
2019 500円 5倍 1番人気
2018 4,470円 44.7倍 17番人気
2017 8,100円 81倍 28番人気
2016 1,770円 17.7倍 6番人気
2015 990円 9.9倍 2番人気
2014 1,770円 17.7倍 6番人気
2013 2,170円 21.7倍 9番人気

過去10年の京極賞において、平均的な配当は約2,444円でした。

また、平均で9番人気の組み合わせでの決着が多いことが分かっています。

どちらかというと、人気決着が多いので、セオリーを重視した堅実な勝負を心がけましょう。

予想ポイント⑤歴代優勝者かどうかは関係ない

競艇において、ルールや条件によっては、歴代の優勝者が再び優勝する傾向にあるレースがあります。

そこで、京極賞【2023】においても、歴代の優勝者が勝ちやすいかどうかを過去の結果から確認してみましょう。

開催場 優勝選手(支部)
2022 丸亀 磯部誠(愛知)
2021 丸亀 永井彪也(東京)
2020 丸亀 峰竜太(佐賀)
2019 丸亀 森高一真(香川)
2018 丸亀 濱野谷憲吾(東京)
2017 丸亀 中田竜太(埼玉)
2016 丸亀 新田雄史(三重)
2015 丸亀 毒島誠(群馬)
2014 丸亀 山崎智也(群馬)
2013 丸亀 太田和美(大阪)

過去10回において、複数回優勝した選手はいません。

そのため、歴代優勝者であるかどうかはあまり気にしなくていいでしょう。

ただ、優勝戦では香川支部の地元勢が多くなっています。

走り慣れた地元で活躍を見せる可能性は高いので、歴代優勝者というより地元選手に注目してみてください。

予想ポイント⑥エースモーターに注目

競艇において、選手の技術や戦略だけでなくボートの性能も勝利に大きく影響します。

その中でも、モーターはボートの動力になるので、優れたモーターを使用することが勝利への近道です。

京極賞においても、優勝者の多くが2連対率や複勝率が40%を超える「エースモーター」を使用しています。

丸亀競艇には約70機のモーターがありますが、2023年11月時点で最も良い成績を残しているのは・・・

33番のモーターです。

このモーターは2連対率が55.2%勝率が6.58という驚異的な数値を記録しています。

18番や43番などの高性能モーターも存在しますが、33番のモーターを使用する選手に注目が集まるでしょう。

しかし、モーターが良くても、選手がそのモーターを使いこなせなければ勝率は下がってしまいます。

そのため、選手の実力とモーターの両方に注目して予想することが重要です。

京極賞【2023】は注目選手で勝負!

京極賞【2023】の予想に必要なポイントや注目すべき点について、理解していただけたでしょうか。

以下に、予想ポイントに合致して優勝する可能性が高いと思われる選手をランキング形式で紹介します。

この予想は舟券の結果にも影響を与えるため、ぜひ参考にしてください。

京極賞【2023】注目選手第3位

京極賞【2023】の注目選手第3位は、若手レーサーのなかでも実力が際立つ・・・

関浩哉選手です!

関浩哉のプロフィール画像

関浩哉選手は、群馬支部所属のA1ボートレーサー。

登録期は115期でA1ボートレーサーの中では比較的若手ですが、ベテラン顔負けの盤石な走りが印象的です。

各コースの3連対率は軒並み6割超えで、まさに隙のない走りを見せています。

直近のG1でも粘り強い走りで舟券絡みを連発しているので、モーターや枠番に恵まれれば優勝の可能性は高いでしょう。

京極賞【2023】注目選手第2位

京極賞【2023】の注目選手第2位は、銀河系軍団のエースレーサー・・・

森高一真選手です!

森高一真のプロフィール画像

森高一真選手は、香川支部に所属するA1ボートレーサー。

優秀なボートレーサーが多い85期の「銀河系軍団」出身の競艇選手です。

今期は、長年の経験からくる走りにさらに磨きがかかっており、一般戦・重賞関わらず舟券に絡むレースが多くなっています。

ベテランの意地を見せる走りで優勝する可能性は十分にあるでしょう。

京極賞【2023】注目選手第1位

京極賞【2023】の注目選手第1位は、地元優勝を狙う・・・

片岡雅裕選手です!

片岡雅裕のプロフィール画像

片岡雅裕選手は、香川支部所属のA1ボートレーサー。

インコースが得意な選手ですが、近年は技術に磨きをかけており、まくり差しなどで勝利するレースも多くなってきています。

また、直近の活躍ではSG「チャレンジカップ」での優勝と素晴らしい成績で仕上がり具合は十分です。

この勢いのまま走り慣れたホームでの優勝に期待がかかります。

京極賞【2023】の勝率を更に安定させる!画期的な方法と戦略を紹介!

後は、出走表をじっくり見ながら、その選手のクセや特徴をしっかり見抜いて予想をするだけ。

何も知らない状態で勝負するよりも勝率は間違いなく高くなるので、京極賞【2023】の準備は十分整ったと思います。

しかし・・・

「まだまだ情報が物足りない」

「自分の予想と合わせて、もう少し勝率を安定させたい」

と不安な人もいるでしょう。

そんな方々は「競艇予想サイトを保険に使う」のはいかがでしょうか?

現地の情報を生で手にすることができるのは、実際に現地へ視察することが許されているメディアと、選手との交流が深い一部の競艇関係者だけ。

絶対に私達が得ることができない情報を手にしているサイトも存在しているので、圧倒的な勝率アップに繋がっているのは既に確認済みです。

そこで今回は!

無料予想の精度が高く重賞に強い」「丸亀競艇を得意としている

この2点に注視した競艇予想サイトを全力で精査したところ、ピッタリのサイトを見つけることができました。

それが、ボートタイムです!

ボートタイムのトップ画像

直近の無料予想通算成績
戦績 58戦52勝6敗
的中率 89.7%
回収率 194.3%
収支 +546,950円

ボートタイムは、的中率と回収率を高水準で両立した競艇予想サイト。

京極賞を始め重賞レースは荒れやすく当てるのが困難ですが、荒れる荒れないに関わらず抜群の成績を残してきています。

実力者揃いで誰が勝ってもおかしくない京極賞にはピッタリの競艇予想サイトと言えるでしょう。

さらに・・・

丸亀競艇では、的中率100%回収率208.1%と相性抜群!!

京極賞【2023】で参考にしない手はないでしょう。

登録から予想の閲覧まで全て無料なので、ぜひ試してみてください。

京極賞【2023】を最高の思い出にしましょう!

京極賞で結果を残したい方必見!
cta
ボートアイコン 公式サイトへアクセス

京極賞【2023】予想の仕方・押さえておくべきポイントのまとめ

あとは出場する選手の得意コースをちょっと調べて本番を待つのみ。

その際はムサシの優勝候補選手に注目しながら舟券の的中に繋げて頂ければと思います。

PG1やSGなど、ハイランクのレースになればなるほど予想は難しいです。

ただ、ムサシのまとめた京極賞の知識を使えば、ほぼ間違いなく稼ぐことができます。

京極賞【2023】を全力で楽しんでください!

京極賞【2023】の関連記事

関連記事

京極賞【2022】の予想方法まで詳しく解説しました!京極賞の概要から予想方法まで詳しく解説しているので勝負予定の方は必見です。

ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設しました。

ムサシ屋のLINE公式アカウントはじめました。

LINE公式アカウントでは、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE公式アカウントなら実現できると判断し、この度、ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

ムサシ屋公式LINEアカウントをリニューアル

IDで検索する方は「@489swpee」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください

京極賞【2023】予想の仕方・押さえておくべきポイントについての口コミ・評価・評判

まだコメントはありません

京極賞【2023】予想の仕方・押さえておくべきポイントについての口コミ投稿フォーム