header_logo

競艇における最強の法則とは?見るべきポイントや注意点をご紹介!

どうも。ムサシです。

今回は、競艇歴30年のムサシが試行錯誤の上に導き出した・・・。

競艇の最強の法則をご紹介します!

  • 徳山・大村・下関で勝負
  • 鉄板となりやすいレースを選ぶ
  • 各艇をポイント付けしてセオリー通りになるか再検討
  • 決まり手データからレース展開を予想
  • 各枠に必要な足をもっているか展示航走を基に分析
  • 堅実6点、穴2点の合計8点の買い目を作る

この7つの手順どおりに予想すれば、簡単に最強の法則をマスターすることができます。

「負けが続いている」「どうやったら勝てるのか分からない」

という方は、ぜひ最後までお付き合いください!

今田武蔵
今田武蔵
ボートレース・競艇予想ムサシ屋運営事務局運営責任者

早稲田大学を卒業後、新卒で某有名新聞社に入社。競艇を扱う部署に配属していました。その後、某有名競艇予想屋にスカウトされ、プロ競艇予想屋として活動。この時に競艇予想サイトの存在を知り「ボートレース・競艇予想ムサシ屋」として検証を始めることに。現在競艇歴30年を迎え、競艇に使った金額は3,000万円を超えました。皆様に安心して競艇を楽しんで頂けるよう日々尽力しています!

競艇の最強の法則とは「負けない勝負方法」のこと

競艇の最強の法則とは

競艇の最強の法則とは、的中率・回収率どちらにも偏りがなく負けない買い方を差します。

最強の法則。

あまりにも抽象的な言葉なので、人によってどう捉えるかが変わってくるでしょう。

大きく稼げる予想方法=最強の法則、負けない予想方法=最強の法則・・・。

このように挙げだしたらきりがありません。

ただ、最強は「最も強い・優れている」という意味なので、色んな方が持つ印象を総合的に拾っているのが相応しいでしょう。

それを踏まえた上で、ムサシが定義する最強の法則とは「負けない買い方」のこと!

大きく稼げる狙い方だとしても、なかなか当たらないとなれば最強とは言えません。

逆に、的中率こそ高いが、トリガミが多く稼げないというのも同様です。

なので、的中率・回収率を両立した、いわば万能とも言える買い方をこの記事では最強の法則と定義させて頂きます!

競艇の最強の法則をマスターする上で押さえるべき知識3選

競艇の最強の法則をマスターすべき基礎知識

競艇の最強の法則を早速ご紹介します!

・・・といきたいところですが、実践するにあたり多少の知識を要します。

最強の法則に限らず、競艇予想に関する基礎知識をかいつまんでご紹介するので、初心者はもちろん上級者も今一度基本を再確認するためにも目を通してみてください。

競艇予想の基本は良い選手・モーターを見極めること

競艇で勝つには、良い選手だけではなく良いモーターを見極めることも重要です。

なぜなら、モーターはボートの心臓部と言われるほど重要なパーツで、走りに大きな影響を及ぼします。

なので、選手のスキルがいくら高くても、モーター性能が悪いと勝つことはできません。

じゃあ選手みんなが良いモーターを使えば、性能差はフラットになるのでは?

と考える方もいると思いますが、そうはいきません。

なぜなら、選手が使用するモーターは、競艇場が所有するものを抽選で決定しているからです。

競艇場が所有するモーターは、個体差があるため高性能・自分にマッチするものを引き当てられるかは運次第。

だからこそ、競艇予想の基本は、良い選手だけではなく良いモーターを見極めることというのを覚えておきましょう。

負けないためには堅実なレースを見極めることが重要

競艇は、インコースの選手が勝ちやすいというセオリーがあります。

そして、枠なりでレースはスタートしやすいので、1号艇の勝率が非常に高いです。

しかし、天候や波が荒れているなど、イレギュラーな条件下でのレースは、展開が読みにくく荒れる可能性も高くなります。

例えば、こちらの風速10mという悪条件でレース。

ボートが上下に跳ねるほど波も立っていて、ベテランレーサーでも操船がままなりません。

好枠の1号艇も大きく出遅れ、レース途中で3号艇が転覆するというアクシデントも。

当然、レース結果は荒れ、多くの人の予想が外れました。

このように、レース条件が整っていないと負ける可能性が高いです。

なので、競艇で負けないためには、荒れる要素が少なく堅実に決着しやすいレースを見極めることが重要となります。

執筆者画像

今田武蔵

枠なりとは、1~6号艇が隊形を乱さず、枠番通り進入することを差します。

競艇の最強の法則と”必勝法”は大きく異なる

競艇最強の法則と必勝法の違い

ここまで読むと「最強の法則=競艇必勝法」と勘違いしてしまう方も少なくありません。

ですが、最強の法則と競艇必勝法は大きく異なります!

競艇必勝法とは、競艇で必ず勝てる方法の事。

いわば的中率に特化した買い方です。

なので、低リスクで負けない、的中率と回収率を両立する最強の法則とは根本の考え方が異なります。

これを勘違いすると痛い目を見ることになりかねません。

最強の法則を実践するためにも、しっかりと違いを明確にしておきましょう。

競艇の最強の法則を解説!6ステップで誰でも負けない勝負を実現!

競艇の最強の法則を徹底解説

本題の競艇の最強の法則を解説していきたいと思います。

1~6ステップで解説するので、手順どおりに実践すれば誰でも競艇の最強の法則をマスターすることが可能です。

では、早速はじめのステップを解説します。

STEP1「徳山・大村・下関で勝負」

競艇の最強の法則 ステップ1

全国に点在する競艇場は、場所によって特徴が大きく異なります。

この特徴はレース結果・傾向に大きく影響し、その傾向を理解しておくことで勝率を大きく上げることが可能。

先述した通り、競艇で負けないためには展開が読みやすく堅実に決着するレースを見極めことが重要です。

なので、競艇のセオリー通りインコース有利が反映されやすく人気決着の確率が高い競艇場で勝負するのがベスト。

競艇場 1コースの1着率 2コースの連対率 3コースの3連対率 三連単の平均人気
徳山競艇 64.5% 42.2% 53.2% 14.4番人気
大村競艇 61.0% 39.0% 56.5% 15.5番人気
下関競艇 60.1% 37.5% 54.6% 16.2番人気

ご覧の通り、上記3つの競艇場は、インの勝率が非常に高く堅実に決着しやすい競艇場。

コースの癖も少なく、選手の実力を発揮しやすいです。

競艇の法則を実践するにはもってこいなので、競艇の最強の法則を実践する際はいずれかの競艇場で勝負しましょう。

STEP2「鉄板レースを見極める」

競艇の最強の法則 ステップ2

参加する競艇場が決まったら、その競艇場で開催されている全レースの中から鉄板レースを見極めましょう。

鉄板レースとは決着が読みやすいレースのこと。

負けない買い方である最強の法則にはもってこいのレースです。

  • 企画レース
  • 日没後のレース
  • 準優勝戦・優勝戦

上記3つのレースは、比較的セオリー通りに決着しやすいのでおすすめ。

もし、好条件なレースが複数あった場合は、以下3つのポイントを確認してみてください。

ポイント 鉄板となりやすい理由
新人選手が出走するレース 新人は最も不利な6コースとなりやすい。
経験の不利とコースの不利が重なるため荒れにくい。
格上選手が1コーススタート 好枠の1号艇に実力者が乗るのはかなりのアドバンテージ。
当然、堅実に決着しやすい。
成績が悪い選手がいる 新人選手が出するのと同じ理論。

1つ目、3つ目の場合、考慮すべき艇が減るので買い目も絞りやすいです。

例えば、1艇でも減った場合、3連単で考えると、5×4×3=60通り。

3連単すべての組み合わせが120通りと、考慮すべき組み合わせがちょうど半分になり、その後も予想しやすいのでおすすめです。

関連記事

本日の鉄板レースをご紹介!
競艇歴30年のムサシが本日の開催から鉄板レースをピックアップ!選ぶべきレースが分からないという方はぜひチェックしてみてください!

STEP3「各艇をポイント付けしてセオリー通りになるか再検討」

競艇の最強の法則 ステップ3

次は、選んだレースがセオリー通りに決着するのか?

出走表をもとに信ぴょう性を確かめていきます。

出走表を分析する上で見るべきポイントは以下3つ。

競艇の最強の法則 出走表 画像
ポイント 意味・見るべき理由
全国勝率 着順点÷出走回数で算出した数値。
高ければ高いほど調子が良い選手となる。
モーター2連対率 そのモーターが2着以内に入った割合。
数字がいいほど高性能モーターと判断できる。
枠番 何号艇かを表す言葉。
内枠になるほど有利、外枠になるほど不利となる。

そして、この3つの要素それぞれを、1〜6位までランク付けします。

分かり辛いと思うので、実際の出走表をもとに確認しましょう。

最強の法則 出走表をもとに有力選手を分析
選手 ①全国勝率 ②モーター2連対率 ③枠 合計
1号艇 3 6 1 10
2号艇 1 5 2 8
3号艇 2 2 3 7
4号艇 6 4 4 10
5号艇 5 1 5 11
6号艇 4 3 6 13

合計ポイントが少ないほど、期待値が高いです。

もし、インにポイントが低い選手が集中している場合、セオリー通りで決着する可能性が非常に高いでしょう。

特に、上位3名と下位3名のポイント差が激しい場合は激アツです。

対して、ポイントが割れている場合は荒れる可能性が高いので、一つ前のステップに戻りレースを選び直しましょう。

STEP4「決まり手データからレース展開を予想」

競艇の最強の法則 ステップ4

的中率と回収率を両立しなければ最強の法則とは言えません。

STEP3で算出した有力選手をボックス買いすれば勝率こそ上がりますが、堅い買い目が多く点数が増えるだけにトリガミのリスクも上がります。

なので、次は有力選手がどのような着順で決着するかを予想しましょう。

この展開予想は、本来多くの知識や経験を要しますが、競艇日和というサイトを活用することで簡単に行うことが可能です。

競艇日和のトップページ

まずはTOPページの開催一覧から勝負するレースを選択。

出走表を開き、選手をクリックするとその選手のデータが表示されるので、まずは1号艇の選手の枠別決まり手から以下5点を確認しましょう。

競艇の最強の法則 決まり手データ
用語 意味・見るべき理由
逃げ 1号艇から逃げで勝利した割合
差され 1号艇出走で差されて負けた割合
捲られ 1号艇出走で捲られて負けた割合
捲られ差 1号艇出走で捲られ差しで負けた割合

画像の選手の場合、1号艇出走のレースでは2回に1回は勝っています。

よって、頭に選択するのが◎。

もし、逃げ率が悪い場合は、どの決まり手で負けることが多いのか?を差され・捲られ・捲られ差の割合から判断します。

どの決まり手で負けやすいかが分かったら、次はSTEP4で出した有力選手の決まり手を分析。

1号艇が負けやすい決まり手を得意としている選手がいた場合「その選手が1着になると予想できるので頭で買おう」というようというふうに1~6号艇の決まり手データを分析し、レース展開を明確にしていきましょう。

関連記事

競艇の決まり手について徹底解説
展開予想する上で決まり手は必要不可欠!用語の意味やどんな抜き方かわからない方はぜひチェックしてみてください!

STEP5「各枠に必要な足をもっているか展示航走を基に分析」

競艇の最強の法則 ステップ5

ここまで過去データをもとに有力選手や展開を分析していますが、勝率を上げるにはその日のコンディションも踏まえた上で予想することが重要です。

特に、モーターは湿度の影響を強く受けるため、日によってコンディションが大きく変わります。

なので、展示航走からモーターの調子を分析しましょう。

ここでも活躍するのが、競艇日和です。

展示航走は基本的に現地でしか見ることができず、競艇の公式HPでさえも展示タイムと並び程度しか掲載されていません。

そんな中、競艇日和は10種類以上の細かいデータを掲載しているので、モーターの調子を確かめるにはもってこい。

掲載データが多いだけに分析が難しく感じる方もいるかもしれませんが、見るべきは枠ごとに必要な足を各モーターが持っているかだけです。

競艇の最強の法則 モーター性能
必要な足 見るべきデータ
1号艇 周り足 周り足・周回
2号艇 周り足・出足 周り足・周回
3号艇 行き足・伸び足 展示・直線
4号艇 出足・周り足 周り足・周回
5号艇 行き足・伸び足 展示・直線
6号艇 出足・周り足 周り足・周回

画像の場合、以下のように判断することができます。

  • 1号艇:周り足・周回タイムともに◎
  • 2号艇:周り足・周回タイムともに◯
  • 3号艇:展示◎、直線◯
  • 4号艇:周り足・周回ともに◯
  • 5号艇:展示・直線ともに✕
  • 6号艇:周り足・周回ともに✕

このように各モーターの走りを分析し、枠に必要な足を持っているかどうかを確認できたら次のステップに移行しましょう。

関連記事

モーターの見方を徹底解説
足の種類やモーターの見方を詳しく紹介しています。モーターに関する知識を深めたいという方はチェックしてみてください!

STEP6「堅実6点、中穴2点の合計8点の買い目を作る」

競艇の最強の法則 ステップ6

あとは、ここまで分析した要素を踏まえた上で買い目を作りましょう。

買い目を作る上での注意点は、利益を考えるということ。

ここまでの最強の法則を実践すると決着は高確率で堅いです。

よって、券種選びを間違えたり点数を広げすぎるとトリガミになる可能性大。

なので、券種は3連単、堅めの買い目6点、穴の買い目2点の計8点で勝負しましょう。

堅めは、展開予想が明確にできなかった場合、有力選手上位3名をボックス買いすればOKです。

中穴の買い目は、以下が基本パターンです。

  • 1着:1号艇(かなり堅め)
  • 2着:2号艇(堅め)
  • 3着:4,5号艇(穴)

1,2着は、堅めの買い目で、3着に穴選手を含めた中穴狙いの買い方。

基本的にこのパターンで購入すれば問題ありません。

ただ、カドと言われる4号艇にやや有力選手がいて、4~6号艇のアウトの選手に展開が向く可能性があるという場合は、以下のパターンがおすすめ。

  • 1着:1号艇(かなり堅め)
  • 2着:4号艇(中穴)
  • 3着:5,6号艇(穴)

このように堅実と穴の買い目を分散させることにより、的中率と回収率を両立した最強の法則といえる予想をすることができます。

もちろん、確実に穴がこないと分かっている場合は、堅めだけで勝負しても構いません。

また、事前オッズを見て、トリガミを回避できるような投資金額調整を心がけましょう。

競艇の最強の法則を実践!検証結果はいかに・・・?

競艇の最強の法則を実践

ここまでのご紹介した方法の理屈はご理解いただけたかと思います。

ただ、理屈が通っていても実際に使えなければ意味がありません。

ということで、ご紹介した最強の法則に基づいて実践してみようと思います!

勝負するレースは、以下の条件が揃っている11月30日下関競艇8R。

  • 堅めの決着が多い下関競艇における開催(STEP1)
  • 1号艇の勝率が高い日没後のレース(STEP2)
  • 枠なりでレースがスタートする進入固定(STEP2)
  • 6号艇に新人選手(STEP2)

つぎは、出走表の選手をポイント付けしていきます。

競艇の最強の法則を実践 出走表を基にポイント付
選手 ①全国勝率 ②モーター2連対率 ③枠 合計
1号艇 1 5 1 7
2号艇 3 4 2 9
3号艇 5 2 3 10
4号艇 2 3 4 11
5号艇 4 6 5 15
6号艇 6 1 6 13

インに有力選手が固まっているの堅めに決着する可能性が非常に高いでしょう。

レース選びに問題はなさそうなので、次は決まり手データから展開を予想していきます。

1号艇の逃げ率は57.1%と半数以上の確率で逃げているので、1着に選択するのがベスト。

負けるとしたら、捲られ・まくり差しのどちらかで、それぞれを得意しているのは2号艇と5号艇です。

2号艇は先程のポイントも高かったので、舟券に絡む確率は高いでしょう。

5号艇はあまりスコアが高くないので、ワンちゃん程度で押さえておきます。

次は、各艇のモーターの性能を展示航走のデータを基に分析。

競艇の最強の法則を実践 決まり手データから展開を予想
  • 1号艇:周り足✕、周回タイム◎
  • 2号艇:周り足◯、周回タイム◯
  • 3号艇:展示△、直線△
  • 4号艇:周り足△、周回△
  • 5号艇:展示◯、直線△
  • 6号艇:周り足・周回ともに✕

2号艇以外は、イマイチといったところです。

では、ここまでのSTEPから分かったことをまとめましょう。

  • 1~3号艇が有利(STEP3)
  • 5,6号艇と他選手のポイント差が激しい(STEP3)
  • 1号艇は1着になる可能性が高い(STEP4)
  • 1号艇を捲るとしたら2号艇(STEP4)
  • 1号艇を捲るとしたら2号艇(STEP4)
  • 2号艇のモーター性能が良い(STEP5)

1~3号艇に有利な条件が揃っているので、堅めな決着で間違いないでしょう。

5,6号艇が勝てる要素はなく、舟券に絡むとしても4号艇。

これを踏まえて、以下の買い目を作りました。

買い目 オッズ 投資金額
①-②-③ 9.6倍 1,000円
①-③-② 17.6倍 1,000円
②-①-③ 71.9倍 1,000円
②-③-① 157.8倍 1,000円
③-①-② 197.8倍 1,000円
③-②-① 293.4倍 1,000円
①-②-④ 6.6倍 1,300円
①-③-④ 16.5倍 1,000円

トリガミ対策として、オッズが低い①-②-④の買い目だけ1,300円で購入しました。

結果はこちら!

競艇の最強の法則を実践 結果

①-③-②で的中!!

払い戻しは、1,000円×17.6倍で17,600円となりました!

投資金額が10,300円なので、7,300円のプラス‼

競艇の最強の法則を存分に活かし、大満足の結果となりました。

このようにたった、6つの手順を踏むだけで負けない勝負を実現できるので、皆さんもぜひ挑戦してみてください!

競艇の最強の法則で勝負する際の注意点

競艇の最強の法則の注意点

競艇の最強の法則で勝負する際に心がけて頂きたいのが、絶対に深追いをしないということです。

ここで言う深追いとは、勝敗に関わらず勢いで勝負しないということ。

深追いすると良いことがありません。

最強の法則その6「深追いしない」

例えば、競艇で負けてしまった場合。

深追いの典型的なものとして挙げられるのが取り返そうとするケースです。

負け分を取り返すためには、投資金額を通常よりも増やさなければいけません。

そのレースで外れた場合の損失はその分大きなものになります。

これは最強の法則とはかけ離れた状況と言えるでしょう。

大勝ちした場合も同様の事が言えます。

そのため、勝敗に関係なく一喜一憂せずに安定した勝負を心掛けてください。

競艇の最強の法則まとめ

今回は競艇の最強の法則をご紹介しました。

まとめると以下の通りです。

  • 最強の法則とは負けない買い方の事
  • 最強の法則と必勝法は違う
  • 最強の法則で重要なのは6つのポイント

公営ギャンブルには100%勝てる必勝法はありませんが、リスクを極限まで減らしてプラス収支に近づける最強の法則はあります。

そのためには鉄板レースを見抜く必要がありますが、正直時間はかかります

実際、鉄板レースを見抜くために、選手情報や競艇場のデータなどを参照することで30分ほどかかりました。

コツコツ稼ぐのは間違ってはいませんが、これを繰り返すとなると効率のいい方法とは言えないのが実際のところです。

そのため、予め精査された情報を手に入れられるなら、それに越したことはありません。

手っ取り早く情報収集ができるのは競艇予想サイトを使うこと。

競艇予想サイトと言われると抵抗があるかもしれませんが、ムサシ屋が徹底的に検証している優良競艇予想サイトであれば安心して使えます。

鉄板レースを見抜き、尚且つ勝ちやすい情報を提供している予想サイトはこちら。

丸ノリで稼ぐにはもってこい!バランス重視の競艇予想サイト!
★★★★☆ 4.6
吹き出しアイコン口コミ件数(32件

最新の的中実績

< 2024年05月23日 >

丸亀11R→丸亀12R

1,142,400

タイプ

バランス

得意な競艇場

児島・下関

登録方法

LINEアイコン メール無しアイコン

競艇ハッスルは無料予想でも一切手抜きのない予想で収支は右肩上がり。

勝負方法も最強の法則を使っており、確実に利益が出るよう計算されて予想を提供してくれます。

最強の法則を実践している競艇ハッスル

比較的新しいサイトですが、その実力は本物。

最強の法則を完全に使いこなしています。

正直、ここまで信用できるサイトはなかなかないと言えるレベルです。

この競艇ハッスルの予想を参考にしつつ、自分でも予想してみる。

そうすることで、稼ぎつつ最強の法則を自分の物にできる様になるので、ぜひこの機会に競艇ハッスルを押さえておきましょう。

驚愕の新サイト!最強クラスの実力!
cta
ボートアイコン 公式サイトへアクセス

ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設しました。

ムサシ屋のLINE公式アカウントはじめました。

LINE公式アカウントでは、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE公式アカウントなら実現できると判断し、この度、ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

ムサシ屋公式LINEアカウントをリニューアル

IDで検索する方は「@489swpee」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください

競艇の最強の法則はコレ!!実践ですぐに使える方法をご紹介の口コミ・評価・評判

まだコメントはありません

競艇の最強の法則はコレ!!実践ですぐに使える方法をご紹介の口コミ投稿フォーム