header_logo

【競艇】レディース勝率ランキング!最強女子レーサーは誰!?

女子ボートレーサー勝率ランキングのトップ画像

2024年1月現在、ボートレース公式に登録されている競艇選手は男女合わせて1,614名。

その中で、女子選手は約15%ほどで、226名の女子ボートレーサーがいます。

女子戦で強い選手もいれば、混合戦で男性顔負けの走りを見せる選手など様々です。

競艇は不確定要素が多く絡み合う競技なので、一概にどの選手が強い弱いとは言えませんが、強い選手というのは魅力的なもの。

みなさんも一度は女子選手で最強の選手は誰なのか」ということを考えたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、競艇歴30年のムサシ屋が独自の基準で女子ボートレーサーの勝率ランキングを作成しました。

ランキングでは、選手の特徴や経歴などもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ランキングの選考基準について

今回のランキングの選考基準については、以下の通りです。

  • A1での活躍経験がある
  • A1経験者の中でも、G1以上の経験者のみでランキングを作成
  • 選手の勝率に基づいて順位を決定
  • 集計期間は2023年5月1日〜2023年10月31日までとする

A1級ということでも、十分優秀な競艇選手といえます。

ただ、今回のランキングは、あくまで最強女子ボートレーサーのランキング。

そこで、実力者の中でも、限られた選手しか出場できないG1やSGに出場経験があるかどうかも選考基準に加えました。

また、最強を決めるのに最もわかりやすい指標として「2023年後期の勝率」をもとに順位付け。

これによって、最新の最強女子ボートレーサーがわかるランキングになっています。

女子ボートレーサーの勝率ランキング

では、女子ボートレーサーランキングについてご紹介していきます。

ランキングは、競艇選手歴20年以上のベテランや、若手のホープまで十人十色。

様々な強みを持った選手が登場するので、各選手ご紹介していきます。

10位「川野芽唯」

川野芽唯選手画像

10位は、川野芽唯選手です。

勝率は、6.93となっています。

川野芽唯選手は、もともとインコースが苦手な選手でした。

競艇はインコースが圧倒的に有利なため、致命的に思えます。

しかし、川野芽唯選手は、センターやアウトからのまくりを武器に成績を残してきた生粋のまくり屋。

第1ターンマークから一気に他艇を抜き去る豪快なターンが魅力の選手です。

近年は、インコースの勝率も上がってきており、万能な走りが完成しつつあるので、注目度も高くなっています。

9位「長嶋万記」

長嶋万記選手画像

9位は、長嶋万記選手です。

勝率は、6.99となっていました。

長嶋万記選手といえば、異名の「ガマ嶋万記」と言われるように蒲郡競艇場での活躍が有名です。

蒲郡競艇予想は、風の影響で各コースの勝率が変化するため、選手にとっても予想する側にとっても難しい競艇場と言われています。

その蒲郡競艇場での勝率が特に高いのが、長嶋万記選手。

蒲郡競艇場での勝率は、7.39と飛び抜けた数字です。

近年は、各コースの勝率を上げてきており、隙のない走りをしていると言えるでしょう。

8位「浜田亜理沙」

浜田亜理沙選手画像

8位は、浜田亜理沙選手です。

勝率は、7.02となっていました。

浜田亜理沙選手といえば、中田竜太選手の奥さんとしても有名。

夫婦揃って美男美女で、しかもA1ボートレーサーというかなりのハイスペック夫婦です。

これまでにSG出場経験はありませんが、2023年度の勝率を見ると出場してもおかしくない選手と言えるでしょう。

7位「小野生奈」

小野生奈選手画像

7位は、小野生奈選手です。

勝率は、7.07となっていました。

小野生奈選手は、大器晩成型の選手です。

というのも、養成所時代やデビュー初期はなかなか勝てない時代を過ごしているため。

賞金王ランキングやG1の常連である今の活躍からはイメージできないほどであったので、これからもさらなる活躍が期待できます。

現在は産休のためB2となっていますが、A1に復帰するもの時間の問題でしょう。

6位「渡邉優美」

渡邉優美選手画像

6位は、渡邉優美選手

勝率は、7.13となっていました。

渡邉優美選手は、中学3年生で養成所に入所した珍しい経歴の持ち主です。

デビューは2010年で、女子のA1選手としては、比較的若手の選手になりますが、その実力からすでに弟子もいます。

これまでSGの経験はありませんでしたが、2023年の笹川賞で初出場を果たしており、絶好調の様子。

実力以外にも、SNSで独特の投稿をしているようで「おもしろい」と話題になっています。

5位「中谷朋子」

中谷朋子選手画像

5位は、中谷朋子選手です。

勝率は、7.17となっていました。

中谷朋子選手は、ショートカットと金髪がトレードマークのA1ボートレーサー。

その容姿と強さから「金色のジャンヌ・ダルク」と呼ばれています。

特に、インコースの勝率が高く、1〜3コースそれぞれの勝率は驚異の8割超え。

2023年のレディースチャンピオンでは、惜しくも優出を逃しましたが、ジャンヌ・ダルクのような快進撃が期待されます。

4位「平山智加」

平山智加選手の画像

4位は、平山智加選手です。

勝率は7.27となっていました。

平山智加選手は、類まれなセンスでデビュー1期目にB1へ昇格した天才ボートレーサー。

あまりの才能から「怪物」「20年に1人の逸材」と言われてきました。

その怪物ぶりは今でも健在で、勝率や1着数のランキングは常連となっています。

今回は、ランクインを逃しましたが、まだ勝率が上がる可能性は高いでしょう。

3位「三浦永理

女子勝率ランキング 三浦永理

3位は、三浦永理選手です。

勝率は7.29となっています。

三浦永理選手の異名は、テクニカルエリー。

繊細な技術を要するターンに長けており、インからアウトまで盤石な勝率を誇っています。

また、近年はSTも改善してきており、3連対率は7割超え。

好スタートを切って得意のターンで、一気にレースの勝敗を決めるというパターンが多くなってきています。

2位「守屋美穂」

守屋美穂選手画像

2位は、守屋美穂選手です。

勝率は、7.36となっていました。

守屋美穂選手の異名は、イーグルヴィーナス。

その実力と美貌から、女神のキャッチコピーが付けられました。

特に、近年の成績は絶好調で、G1とSGの出場数は70を超えており、女子戦では無類の強さを誇っています。

1位「田口節子」

田口節子選手画像

映えある1位は、田口節子選手です。

勝率は、7.50となっていました。

田口節子選手は、井口佳典選手や湯川浩司選手など数々の実力者が集っている85期の選手で、競艇選手歴20年以上の大ベテランです。

長年A1の選手として活躍しており、ボートレースの最高峰SGの出場数は30回以上。

85期の別名が「銀河系軍団」というところから「Galaxy Queen」の異名をとり、まさに女王の名にふさわしい活躍を見せています。

勝率うなぎのぼり!大注目の女子選手3選!

今回のランキングでは、惜しくもランクインなりませんでしたが、注目度の高い女子選手はまだまだいます。

そこでここからは、ムサシ屋が注目する女子ボートレーサーについてご紹介!

並み居る強豪から3人の選手をピックアップしたので、ぜひご覧ください!

アイドルレーサーの代名詞「大山千広」

大山千広選手の画像

1人目は、大山千広選手

2023年の勝率は6.23となっています。

大山千広選手といえば、競艇以外にもメディア露出が多く、近年のアイドルレーサーの代名詞と言っても過言ではない活躍を見せてきました。

しかし、2022年10月の丸亀競艇「ヴィーナスシリーズ」にて、仙骨と恥骨の骨折という大怪我に見舞われます。

これによって長期欠場となりますが、2023年2月に復帰し、そこからの快進撃が止まりません。

大怪我からの復帰後とは思えない走りで結果を残して、勝率7割も目前に迫っています。

まくり姫「高田ひかる」

競艇女子勝率 高田ひかる

2人目は、高田ひかる選手です。

勝率は6.63となっています。

高田ひかる選手の異名は「まくり姫」。

その理由は、全速で走るレーススタイルで、決まり手が圧倒的にまくりが多いからだそうです。

2023年1月〜2023年12月の1年間ではまくりを46回決めるという、女子レーサーの中でもトップクラスの成績を誇ります。

ス今期も華麗なまくりを武器に競艇界を盛り上げてくれるでしょう。

才色兼備のオールラウンダー「魚谷香織」

女子勝率ランキング 魚谷香織

3人目は、魚谷香織選手です。

勝率は6.40となっていました。

魚谷香織選手は、基本的にはイン戦が得意な選手ですが、豪快なまくりや、高等技術のまくり差しでの勝利も目立ち、アウトからの3連対率は50%以上を叩き出しています。

まさに、様々な状況に対応できるオールラウンダー。

今回は、ランクインを逃しましたが、まだまだ勝率が上がる可能性は高いでしょう。

競艇女子勝率ランキングまとめ

今回は、競艇女子選手の勝率ランキングについてご紹介してきました。

改めてランキングをまとまると以下のとおりです。

順位 選手名 番号 期別 勝率
1位 田口節子 4050 85期 7.50
2位 守屋美穂 4482 101期 7.36
3位 三浦永理 4208 91期 7.29
4位 平山智加 4387 98期 7.27
5位 中谷朋子 3845 78期 7.17
6位 渡邉優美 4590 105期 7.13
7位 小野生奈 4530 103期 7.07
8位 浜田亜理沙 4546 104期 7.02
9位 長嶋万記 4050 91期 6.99
10位 川野芽唯 4433 100期 6.93

近年、競艇では優秀な女子選手が多くなっており、女子戦だけでなく、男女混合戦でも活躍が見られます。

これからも男性顔負けの活躍を見せる女子ボートレーサーが出てくることが期待されるので、ぜひチェックしてみてください。

女子戦は大荒れ必至!穴狙いを極めた競艇予想サイト

今回ご紹介した女子選手が活躍するのは、主に女子戦。

そもそも女子戦は荒れやすく、予想が困難なことで有名です。

ただ、言い換えると荒れるレースを見極めることができれば、高額の配当が期待できるということ。

しかし、その見極めは非常に困難だと言わざるを得ないでしょう。

なぜなら、穴狙いをするということなので、誰もが見落とす盲点を見抜く必要があるためです。

これには経験則は必要ですし、情報精査に時間がかかります。

そうなると「どうにかして効率よく荒れるレースを見極める方法はないのか」と苦悩するのは、当然です。

そこで、今回は100以上の競艇予想サイトを検証してきたムサシ屋が、穴狙いで高回収率を実現しているとっておきをピックアップしました。

各分野のプロが集結!バランス抜群の競艇予想サイト!
★★★★☆ 4.3
吹き出しアイコン口コミ件数(20件

最新の的中実績

< 2024年02月22日 >

芦屋11R→芦屋12R

1,162,670

タイプ

バランス

得意な競艇場

蒲郡・大村

登録方法

LINEアイコン メールアイコン

新しい競艇のリーダーズは、穴狙いの予想で成果を上げている競艇予想サイト!

数多くの競艇場で実績があり、競艇予想サイトの中でも抜群の成績を誇ります。

そんな新しい競艇のリーダーズの予想は、無料予想でも的中率は8割超えで回収率は驚異の300%以上!

穴狙いで高的中と高回収を実現しているということは、レース選びがうまいということ。

荒れる女子戦との相性も抜群と言えます。

登録は無料、LINEの友達追加で利用できるので、この機会を逃さないようにしましょう!

ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設しました。

ムサシ屋のLINE公式アカウントはじめました。

LINE公式アカウントでは、リアルタイムで勝てる情報を提供していきたいと思っています。

「リアルタイムで勝てる情報を提供する」

実は前からやりたいと思っていたことだったのですが、WEBサイトではなかなか実現が難しく、見送ってきた経緯があります。

ここ数ヶ月間、様々な要素を慎重に検討した結果、僕がやりたかったことをLINE公式アカウントなら実現できると判断し、この度、ムサシ屋のLINE公式アカウントを開設させて頂いた次第です。

皆さまの収支にもプラスの影響を及ぼせる内容になっていると思いますので、友だち追加をして頂けますと幸いです。

ムサシ屋公式LINEアカウントをリニューアル

IDで検索する方は「@489swpee」です。
※先頭のアットマークを忘れないでください

【2024年】競艇女子勝率ランキングTOP10!最強の女子ボートレーサーは誰?の口コミ・評価・評判

まだコメントはありません

【2024年】競艇女子勝率ランキングTOP10!最強の女子ボートレーサーは誰?の口コミ投稿フォーム